« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

2012年8月26日 (日)

8月 虹がでた

Pap_0002


日曜日の午後
買い物からの帰り道
八ヶ岳の向こうは暗雲広がるのに
手前に大きな虹が
二重にも架かっていた

観光客が、道に車をそれぞれとめて、皆歓声あげて写真をとっていた

虹の橋

インディアンの頃から伝わるお話がある
天国の少し手前に、虹の橋、と呼ばれるところがあるのだそうだ
犬とか猫とか動物たちは
亡くなると、虹の橋のたもとに行くのだそうだ
そこは草地や丘があって
動物たちは楽しく過ごしながら
大好きな飼い主さんの人間を待っていて
そして
愛しい飼い主が亡くなると
そこで再会できて
一緒に天国に行くのだそうだ

我が家の場合は
先に、父が虹のたもとに行っていて、わんこを待っていたと思う
父の代わりに育てた愛しい私の大のお友達のわんこが
先月末亡くなり
今日までずっと傍にいてくれたような気がする

美しい虹は
それも偶然にも
我が家のすぐ隣の林のなかが輝き伸びる虹のたもと

美しく、大きな虹が
二重にくっきり架かっていた

わんこは父と会えて、天に嬉しそうに走っていったのかな

でも

虹のもう片側のたもとは
すぐ見える向こうに降りていて

わんこ
虹を駆けのぼって
たぶん、あれれと反対側の虹のたもとに降りちゃって

また、我が家に帰ってきちゃったかな?

そんな話しをしながら霧のような小雨のなか
じっと見ていた
美しい虹

8月の日曜の夕方

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »